不審者に気を付けて!!!

8月13日(土)

 

本当は書きたくも無い。忘れ去りたいくらいなのですが…

我が子を守る為、それに他にも被害者が出て欲しく無いのでブログに書こうと思う。

Twitterで残そうかと思ったけれど文字数制限があって面倒だからブログに書いていくよ。

ちょっと長くなるかもしれませんが、最後までお読みいただいて「石垣島にもこんな不審者が居るんだ、気を付けよう」って思っていただけたら幸いです。

 

まず、タイトルにある通り、不審者にあいました。声掛け事案です。

身長は私より大きかったので165cm以上…170cmあるかもしれない。

場所は島内ドン・キホーテ、細かな時間は分かりませんが午前9:30~9:40までの間に起こりました。きっと、いやお店の防犯カメラには確実に映っていると思います。

紫色のリュックを背負ったちょっと障害のある男性です。

私、小さい頃から「障害のある人には優しく接しなさい」と教えられてきたのですが、今回の件は本当にイラっと来た、そして何よりに何かあったら嫌だと思ったので、もう今後一切障害者には優しくしたくない気持ちでいっぱいでございます。

それに今回だけでは無いんです、1年半前…がまだ1歳になっていない頃にも1度同じ方に声を掛けられています。その時は外だったし笑ってスルーしましたが、その件も思い出してしまって、ちょっと怖くなってきたので念のためブログにて残しておこうと思います。

 

さて、何があったのかと言いますと、抱っこ紐をしてを抱っこしながらドン・キホーテ内で買い物中にまず1回目の声掛けがありました。

娘さん可愛いですね」

普段だったら「ありがとうございますー^^」って返す所なのですが、ふとその方を見たら以前に声掛けられて嫌な思いした人だ!ってすぐに思い出して無視したんです。

「何買いに来たんですか?」

勝手に会話が続きます。

これも勿論無視、も普段なら話しかけてきた方に手を振ったりするのですが、私が何も反応しないから無反応。

っていうか何故知らない人に買う物教えないといけないんだよ。(笑)

私も時間が無かったので辺りをキョロキョロしながらその場を離れます。

するとその人も離れて行ったので、ほっとしました…

 

が、また別の場所で近付いて来て…(明らかに速足で私に近付いてきました)

「(抱っこしているのは)孫ですか?」

と、2回目の声を掛けてきた。

 

…は?

 

待て待て、私34歳だし、さっきあなた娘さん可愛いですね」って言ったじゃん。

一瞬フリーズしてしまう私…(相手の顔は見ずに)

 

これは完全にツッコミ待ちだ…

そこまでして話したいのか…?

 

もう、何なんだ…

全然知り合いじゃない人に孫扱いされるくらい私は老けているんか…

悲しくなってさ、無視してその場を離れましたよ。

 

で、3回目ですよ…

また速足で近付いて来て、再度

「(抱っこしているのは)孫ですか?」

いやいやいやいや、どんだけ孫確認するのよ。

どう見たってだろうが。ばあちゃん抱っこ紐しないだろ(するかもしれない、すみません…)

 

勿論無視してその場を去ろうとしました…が、私が去ろうとした時に、

 

「はぁ…また無視かよ」

 

と、ボソリ。

無視されているの理解した上で何度も話しかけて来ていたんです。

ひゃー

 

これで諦めてくれてその人は会計に向かいました。

やっと絡まれずにゆっくり買い物出来る…そう思ってお菓子を眺めたり買い忘れ無いか確認したりして会計の列に並びました。

いざ私の会計の番…っていう時に、また…またその人が足早にやってきました。

え、まだ帰っていなかった?!何なに?!と、内心大焦りの私。

するとその人、私がレジ待っているのをガン見していました。ガン見ですよ、ガン見。

しかも1メートルくらいしか離れていない距離で。

店員さんに助けを求めようとしましたが、可愛らしいメガネの優しそうなお姉さん…「無視しておいて」的な雰囲気を出してくるではありませんか。

ですよね、ですよね。絡みたくないですよね。私もです。

そう思い最後まで無視しておりました。

するとその人出口付近にあるUFOキャッチャーで遊び始めて、取れなかったのか発狂したんです。

さすがにそれにはもビックリして声を出していましたが…

そんな姿にも反応して貰えないからか、バスに乗って帰って行きました。(帰ったかは謎ですが)

 

もうね、ドン・キホーテさんには悪いけれど、行きたくなくなりました…

しかも朝からそんな知らない人に声掛けられて、1回だけじゃなく何度も…可愛い娘を孫扱いしやがって。娘さんって言ったじゃん。

ちょっとだけ障害ある人だから付き添いが居ないんですよね、1人でも歩き回れるレベルの方なので。

全く歩けない、自分1人では何も出来ないんだ…っていう方なら助けてあげなきゃ!って思いますよ勿論。

昔から結構居ましたよ、障害のある人で子供達に声掛けて追いかけまわしたりするような方も。

今も変わらないんだな…と思うと同時に、あの頃と今では状況が違うんよ、って思って。

障害があるから話しかけても良い、コロナなんて、ソーシャルディスタンスなんて関係無い。という訳では無いと思うんです。

相手に嫌な思いをさせてしまったら、障害があってもダメな事はダメだと思うんですよ、私は。

間違っていますかね…

 

でも、今回よりも初めて声を掛けられた時のほうが問題だったな…って思うのでその事も書いておきますね。

 

まだ1歳になっていないを、今回同様抱っこ紐をしてその日珍しく散歩に出掛けた時だったんです。

場所は真栄里のファミマ、真栄里バイパス店の交差点で信号待ちをしていると、息を切らすくらい走って来る人が居たんです。

「まだ青にもなっていないのに急いでいるんだな…」って思ったのが第一印象。

すると私達の真横に立ち止まって、

娘さん可愛いですね」

と、今回と同じ手口で話しかけてきました。

その時は素直に「ありがとうございますー^^」と返事したのですが、それが大間違いでした…

話返されたのが嬉しかったんでしょうね、どんどん話しかけてきました。

「買い物ですか?」

「ここらへんに住んでいるんですか?」

と、話しかけて来るその人。

そこまで教える必要は無いよなーと思って笑って誤魔化していると、事件は起きました…

なかなか教えない私に対して矛先をと主人に変えて、

「母乳で育てているんですか?」

と…

それだけならまだしも(嫌、良くないけど!)

「旦那さんに母乳飲ませた事あります?」

「飲ませたほうが良いですよ」

と、言ってくる始末。

 

…は?何故?

 

別に母乳でもミルクでもこの子が元気に育っていれば良いのよ、それを何故母乳で育てているか聞くの?

そして、何故主人に母乳を飲ませないといけないの?そういうプレイしろってか?え?主人が私の母乳飲んだ所で何の効果があるわけ?

もう頭の中が「???」ですよ。

私が返事に困っていると信号が青に変わったので速足でその場を去りました。

皆さん、お忘れかと思いますが、信号待ちで起きた話です…

この時の話を主人に話したら当時「(変な人に絡まれない様に)気を付けてよ!?」って注意受けたので散歩するのをやめていたんです。

そしたらそんな事言ってきた人に1年以上ぶりの再会ですよ…

さすがに「不審者情報で役所に連絡するか」と(;^ω^)

でもあれは子供に起きた事を発信しているからなぁ…34歳に起きた事を発信するなんて…

 

あ、私のブログがあるじゃないか。

 

そう思ってポチポチ書き始めたのです。

気付けば3000文字打っています(;^ω^)

まだね、華奢で美人、可愛らしい女性に起きた事なら良いんですよ。良くないけれど。

30代のデブに起きた事だから「ちょ…何故私狙った?」ってなっているんです。

は可愛い。親バカですまんが可愛いから娘狙いなのかな、って思ったり。

それか私が話しかけやすいから…?結構ね、知らない人に話しかけられる率高いです。人見知りだから話しかけないでオーラ放っているのですが効果ゼロみたいですね…

だとしても、この人の声掛けは障害があるにせよ良くないと思うんですよ。

「障がい者も健常者と同じく扱え」なんて言うなら、今回の件も同様に扱って欲しいではあるのですが…

次会ったら写真でも撮ろうかな、きっとその人簡単に撮らせてくれそう。

多分話し相手が欲しいだけの人なんだろうけれど、ご時世的にも内容的にもアウトなんだよな。

残念な人です。

 

石垣島が平和な島なんて思っていないけれど、昔からこういう障害のある人がいきなり話しかけてきて、それ見て怯える人を面白がって追いかけるなんて事よくあったんですよ。

そんな人に優しくしろだなんて、私には出来ないなぁ。

障害のある人だって犯罪者になりうる、そんな時代なんだよって事をその人には理解して欲しい。

名前も年齢も分からない、近所の知り合いでも無い人に声を掛けるなんて今の時代犯罪になってしまう事だってあるんだから。

 

長々と書いてしまったけれど、明日は我が身。

もしかしたら大切な子供達がこの人に狙われているかもしれないよ。

こういう人が同じ島内に居るんだよって石垣島の人たちに知って欲しい。

そう思って書かせていただきました。

もしもご質問等があればTwitterで返信していくので、気になる方はよろしくお願いします。

私はあの時どのように対応すべきだったのか…アドバイス等あれば宜しくお願いします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA